1. >
  2. 発見!リバウンドの予防法:筋トレ大辞典29

発見!リバウンドの予防法:筋トレ大辞典29

ダイエットで恐ろしいのはリバウンドです。

意外と痩せること自体は成功する人が多いのです。

そこから戻さないことが難しいわけです。

そこでお勧め出来るのが筋トレです。

筋トレをすることによって基礎代謝を高めることができますし、体が引き締まります。

基本的に筋肉のほうが重いわけですから、どうしても体重は重くなります。

しかし、原則は体脂肪を見るべきです。

体脂肪が下がっているならば、それはダイエットに成功したといえます。

筋肉がつけばリバウンドの可能性も低くなります。

速報リバウンドの予防法:ストレッチニュース41

筋肉トレーニングまでしたくない、或いは出来ない人はストレッチでもよいです。

ストレッチも一生懸命やりますと非常に運動量が多く、汗だくなるほどです。

また、体が柔らかくなりますと怪我もしにくくなります。

ダイエットで体重が減ったからといって安心しないことです。

維持をする為の運動は少なからず必要になります。

筋トレがそこまでできないのであれば、ストレッチでも良いですから毎日続けることです。

筋トレと違ってストレッチは毎日でも大丈夫です。

リバウンドの予防法:食生活の見直し目安箱WE

折角、ダイエットが成功したのであればそのままの食生活を続けるように心がけることです。

極端に減量をしたダイエットをしたのであれば多少は戻しても良いですが、基本は続けることです。

良い機会ですから、食生活を見直してみると良いでしょう。

現代人はカロリー過多であることが殆どですから、少し抑えくらいが丁度よいのです。

レコーディングダイエットというのがありますから、それをしてみるのよいでしょう。

食事の内容を記録として残しておくのです。

これならば見直しが簡単にできます。

見ればわかるリバウンドの予防法:よく噛んで食べる比較表KU

リバウンド防止の方法としてよく噛むことがあります。

これはそもそもダイエット効果もあるのですが、とにかくしっかりと噛むことです。

そうすれば早い段階で満腹感を得ることができるからです。

現代の食べ物はとても柔らかくなっています。

それはそれで胃腸に優しいわけですが、それで咀嚼の回数が減ってしまうのでは意味がないのです。

良く噛んで食べる、と言うのはまさに基本中の基本であり、胃腸のためにもこれは意識しておくべきです。

一番大切なのは当たり前のこと

最近注目されているダイエット法の一つに糖質制限ダイエットがあります。だけど、私としてはご飯は食べたいし、お菓子も好きなのであまりこのダイエット法はやりたくないな、と思いました。そこで私が実践したのは三食きちんと食べること、間食をあまりしないこと、運動をすることです。当たり前のことだとは思いますが一番大切なことだと思います。生活習慣を整えれば自然と体重は落ちます。実際私はこれで半年で3キロほど減りました。

我慢しないダイエット

炭水化物ダイエットやリンゴダイエットなど色々試しましたがどれも長続きせず、病気したこともあって過激なダイエットはやめました。年齢もあり運動もなかなか難しいのでできるだけ歩くようにしています。そのおかげか体重が少しずつ減ってきました。一日怠けたり、ついつい食べてしまったりして体重の増減はありますが、歩くことで確実に減っているのも事実です。これからも我慢しない程度にダイエットを続けていきたいと思います。

健康的なダイエット法

ジムのトレーナーを以前やって居ました。

健康的なダイエット法としては

1ヶ月に1キロ減らすのが健康的です。

継続は力なり。まさにこれです

運動も大事ですが食事休養も大事です。

健康的に痩せるというのは内面からです。

たとえばモデルさんのように細くても内面を見ると筋肉量が少なく脂肪量が多い人も

そう少なくはないでしょう。

100の比率で運動50、栄養休養で50が目安です。

なぜ1ヶ月に1キロかというと、人間の脂肪1キロ落とすのに約7200キロカロリーの消費が必要になってきます。

しかし、一日ではい、じゃあ7200キロカロリー消費してください。と言っても無理な話です。

また食事制限や、ダイエット器具はお金もかかりますし、我慢はストレスになりリバウンドの確率が上がってきます。

では、7200キロカロリーを1ヶ月で割って見ましょう

7200÷30=240

一日に必ず240キロカロリー減らせばいい話です。

240キロカロリーをさらに2で割りましょう。

120キロカロリーを食事と運動で消費すればいいのです。

断食すれば痩せると思っている方が多いですが

断食は筋肉量を落とし脂肪量を増やします。

誰にでも基礎代謝量という数値があります。

その数値以下の摂取量、すなわち栄養が足りていないと自身を分解し栄養を発生させます。

その栄養素こそ、筋肉です。

なので筋肉量をいかに落とさず、脂肪量を減らすかというと食事と運動のバランスです。

運動してればお菓子食べても、つまみ食いしても間食してもいいのか!って言ったら話は変わります。

ご自身の目的に合わせた食事が必要です

筋肉量を増やしたいならば高タンパク、低脂質のものをとるといいでしょう。

また食事を摂る時間帯や、運動中には何を摂取し、運動後には何を摂取すると言った

ある程度の決まりもあります。

それらをすることで、健康的にやせていきます。

実際私自身も、ジムのトレーナーとして体つくりが基本です。

お腹に筋も出てくるくらいでした。

会員様もマンツーマンサポートさせていただいた方は嬉しい結果を残しています。

そして、この健康的なダイエットにはメリットがいくつもあります。

まず、筋肉量を増やし、脂肪量を減らす運動法なので疲れにくくなります

そして筋肉量が増える=基礎代謝量が上がるため栄養を与えなくてはならない。なので食事制限がいらない。

そして、その食事だったり運動量は習慣になっていきますので

結果継続することができます。