1. >
  2. 生活の変化とともに変わる体重

生活の変化とともに変わる体重

私が高校三年生の時、部活を引退してから運動をしなくなったのに食べる量は変わらずガッツリ食べまくり…一気に太ってしまいました。

具体的な数字はちょっと恥ずかしくてお教え出来ませんが、2?3ヶ月で6Kgほど増えてしまい、元々ぽっちゃりだった上にこんなに増えたらもう、顔は真ん丸!二の腕、太ももムチムチ!お腹ぼよーん!の残念な状態に…。

そのまま高校卒業を迎え、短大に進学し、一人暮らしがスタートしました。

一人暮らしこそ、私にとってのダイエットとなったのです。

私の暮らしていたところは坂が多く、しかも近くのスーパーが自転車で5分くらいかかる場所でした。

その為まず買い物に行く事がめんどくさく、自転車で坂道を登らなければ帰れない事もあり、そんなには買い貯めも出来ず、おのずと食料の節約をするようになりました。

一食の食べる量がとても少なくなり、さらに出かける際の自転車での坂道上り下りが自然とダイエットになったようです。

そんな生活を二年間送り、気がつけば体重マイナス10Kgとなっておりました。

普通に生活しながら痩せる事が出来たのでラッキーな気持ちなのですが、やっぱり適度な運動と適度な食事量は大事だなと実感しました。

骨盤回しダイエット

テレビで紹介されていた骨盤回しダイエットをしたことがあります。日常生活でただ立っている場面があったら何気なく腰を回すものです。

例えば歯磨きをしている間や、シャワーを使っている間、料理している間などに行うものです。

最初は効いている気がしていましたが、あまり変化はなかったような気がします。今思えば、だんだん面倒になっていき手抜きになってしまったからなのかなと思います。

一見簡単そうでも自分に合ったものでないと効果は実感しづらいものかもしれませんね。

ダイエットは運動

私は大学の時から太ってしまいダイエットをしました。運動が苦手なため食事でダイエットしようとがんばりましたがいつも失敗しています。ダイエットは食事制限をすると逆効果の場合があります。なぜなら、脂肪を燃焼するのに筋肉が必要だからです。食事制限をすると筋肉まで減らしてしまうのでリバウンドしやすくなります。ご存知の通り、リバウンドするとダイエットがさらに難しくなります。そのため、軽いストレッチでもいいので、ダイエットをするときは運動して筋肉をつけなければなりません。